インタビュー · 6月 11日, 2019年
パーキンソン病と診断されて7年のオーストラリア在住、自称筋トレおばちゃんのカズさんです。診断される前は腹筋が割れるほどの筋トレや運動をしていたにも関わらず、PDになってしまった事がショックで運動に関する物を全て捨てて、1年ほどは全くなにも出来なかったそうです。あれだけ筋肉があったのに、1年なにもしない事で筋肉が落ちたこともさらにショックだったようですが、主治医が進めてくれたパーキンソン病のリハビリ・運動プログラムに参加するようになって自分の変化に気付けたのが一番大きかったと話してくれています。 3分ほどの動画になりますが、是非ご覧下さい。

WPC · 6月 10日, 2019年
世界パーキンソン病学会が無事に終了しました。次の第6回WPCは2022年でスペインのバルセロナで開催されます!次回はどうなるのか、とても楽しみです。

WPC · 5月 27日, 2019年
世界パーキンソン病学会の素晴らしい取り組みの一つとして、ただ学会をそのCityで行うだけでなく、そのコミュニティーにパーキンソン病についての教育をする事です。 今回その教育プログラムを任せていただきました。参加者はトータルで100名以上。とても熱心に質問もバンバン出ていました。本当に嬉しく思います。

治療 · 5月 20日, 2019年
2019年5月20日アメリカ政府のFDAがパーキンソン病でおこるOFFの時の為の、吸引器型のレスキューLドパを承認しました。 これで、今までのレスキュー注射器からによるLドパではなく、喘息発作の時のように口から吸い込むだけのレスキューLドパが可能になります。

WPC · 5月 15日, 2019年
介護者の為の憩いの場といって、介護者同士が周りに気にすることなく様々な悩みを話したり、アドバイスをもらったり出来るエリアが用意されています。

WPC · 4月 26日, 2019年
WPCのホームページを見ていても、日本語のパンフレットになかなかたどり着かないので、こちらでアップします。このWPC日本語プログラムパンフレットが作成された時点では、まだ演目タイトルが決まってないものもあったので、100%ではありませんが、参考になります。 これをみて、参加したい講演や運動プログラムを計画するのも楽しいですよ!

WPC · 4月 24日, 2019年
Mirko Lorenz パーキンソン病のための太極拳: 2019年6月のWPC世界パーキンソン病学会、リニューアルルームのでの運動プログラムで、ミルコ・ローレンツ先生がクラスを行います!クラスス開催予定は6月6日です。 ミルコ先生はドイツでパーキンソン病の太極拳プログラムKeep Moving Taiji-Therapyを設立。パーキンソン病の教育活動にもとても活発な先生です。

WPC · 4月 24日, 2019年
6月のWPC期間中に卓球ルーム加わりました~。会場に卓球台が設置されます!!そこでミニトーナメントも行われる予定ですので、是非ご参加ください!

WPC · 4月 19日, 2019年
WPCの参加登録は、パーキンソン病患者の方であれば2日間コースはあったのですが、その他の参加の方は4日間コースしか登録出来ませんでした。それが、皆様の声を受けて1日参加登録も可能になりました!!

リハビリ · 4月 18日, 2019年
PDタンゴセラピーをご紹介します。東京を中心に活動されている日本タンゴセラピー協会です。音楽やパートナーと動くことが、PD特有の運動症状にとても有効です。触れ合ったり、仲間と一緒に過ごすことがセロトニンなどの精神面にも影響するので、PDの非運動症状にも効果的です。

さらに表示する