パーキンソン病Youtube · 1月 15日, 2020年
前回に引き続きパーキンソン病と診断されて9年。2度の足の骨折を乗り越えて、昨年(2019年)10月に初めてニューヨークで開催された世界卓球大会メダリストのユリさん。今回はインタビューの後半になります。

パーキンソン病Youtube · 1月 08日, 2020年
パーキンソン病と診断されて9年。2度の足の骨折を乗り越えて、昨年(2019年)10月に初めてニューヨークで開催された世界卓球大会に参加。ダブルスでは、金メダル。シングルでは惜しくも銀メダルを獲得された頑張り屋のユリさん。「パーキンソン病になったことは喜べないが、友の会の門を叩きそこには自分だけではなく仲間が居ることに気付いた。そのことがきっかけで、今では自分の人生を豊かにしてくれる日本中の仲間と知り合えたこと、行動範囲が広がったこと、そのことには感謝している」と話してくださいました。今はご自身の体験からパーキンソン病の方とご家族に向けて「生き生きと生活できるような活動を友の会と頑張りましょう」と全国パーキンソン病友の会千葉県支部会長として活動されています。

パーキンソン病Youtube · 1月 01日, 2020年
2020年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 さて、動画一弾目は「計画を立てる」です。最近なのか計画・目標は立てましたか?なぜ計画を立てる事が大切なのかの説明をしています。

パーキンソン病Youtube · 12月 23日, 2019年
最近思い切り笑うことはありましたか?どんな状態であっても「笑う・楽しむ」という事は大切なんです。もちろんそれが難しい状態にある時もあります。一人で大笑いしていたら、それこそ「危ない人」かもしれません。だからそこ友達と会うことはとても大切なんです。一人で居るとどんどん外に出なくなくなって活動量も会話も減ります。これはまさにドーパミンを作りにくい状態を自分で作ってしまっています。

パーキンソン病Youtube · 12月 18日, 2019年
東京でリラの会による卓球大会へ見学に行きました。その大会は富士見中学高等学校・卓球部顧問と部員による協力があることで成り立っている素晴しい大会でした。場所を借りるだけでなく、そこのマンパワーも加わるのは凄く心強いですよね。それだけではなく、リラの会のメンバーの方が事前に学生さんたちにパーキンソン病のことを理解してもらえるように、レクチャーまでしています。本当に素晴らしい取り組みだと感じました。このような流れが全国にも広がると嬉しいですよね。

パーキンソン病Youtube · 12月 11日, 2019年
今週のテーマは「姿勢チェックとストレッチ」です。姿勢を正そうとすると「胸を張って背筋を伸ばす!」と思われている方が多いと思いますが、実は姿勢に大きな影響するのは下肢の緊張状態なんです。 さて、それではどんな部位が影響してくるのでしょうか?

パーキンソン病PDニュース · 12月 04日, 2019年
大阪大学大学院医学系研究科の望月秀樹教授を中心とした研究グループは、弱い超音波を使った新たな治療法を始めました。

管理人の独り言 · 11月 30日, 2019年
いよいよ始まります、コントロールPDの動画配信!それもなんと毎週水曜日の8pmですので昔懐かしの「8時だよ、全員集合!!」のノリで楽しくお伝え出来たらと思います。

パーキンソン病PDニュース · 11月 20日, 2019年
デバイス治療となんだか小難しいタイトルですが、なんと2019年9月になんと順天堂大学医学部附属順天堂医院に新しく「デバイス治療(DAT)専門外来」が開設されたようです。DATとはDevice Aided Therapy(ディバイス・エイディド・セラピー)と言われ、電極・ポンプなど様々な補助器具などを利用した治療法とイメージしてもらえるとわかりやすいのかもしれません。なぜこのようなDAT治療がパーキンソン病に必要になってきたかと言うと、薬だけの治療では限界があることや、テクノロジーが発達し今まで出来なかった事が可能になった事が大きと思います。

パーキンソン病セラピー · 11月 18日, 2019年
Bowen techniques(ボウエン・テクニック)はオーストラリア人のTom Bowen(1916-1982)がクリニックで施術に使用してきたテクニックです。痛みを伴わない軽いタッチで身体を副交感神経が優位な状態に導き、筋や腱の中にある固有受容器を刺激することにより、リラックスした状態で本来の機能を取り戻していくようです。このテクニックには体の自然治癒力を引き出し、肉体とエネルギーのバランスを整える効果があるとされています。

さらに表示する