PDインタビュー

パーキンソン病100人インタビュー7人目第3弾
PDインタビュー · 5月 05日, 2021年
管理栄養士として活躍されているMisaさん。ご自身も若年性PDと診断され5年が過ぎ、PDの方へ「食」の大切さを伝えたり、PDの方への調理の工夫なども発信されています。 内容①PDと診断されたばかりの人へのアドバイスは?②栄養はなぜ大切?③今後の不安を感じますか?④PDを理解してもらうために出来ることは?⑤Misaさんから皆様への熱いメッセージなど盛りだくさんの内容になっています!

パーキンソン病100人インタビュー7人目第2弾
PDインタビュー · 4月 28日, 2021年
100人インタビュー7人目管理栄養士として活躍されているMisaさんの第2弾になります。ご自身もPDと診断され5年が過ぎ、PDの方へ「食」の大切さを伝えたり、PDの方への調理の工夫なども発信されています。

パーキンソン病100人インタビュー7人目第1弾
PDインタビュー · 4月 21日, 2021年
管理栄養士として活躍されているMisaさん。ご自身もPDと診断され5年が過ぎ、PDの方へ「食」の大切さを伝えたり、PDの方への調理の工夫なども発信されています。

パーキンソン病100人インタビュー 6人目後半: 岡田先生
PDインタビュー · 2月 24日, 2021年
今回は前回の続きの第2部になっています。パーキンソン病100人インタビュー第6弾は、診断後40年以上になる岡田先生です。約20年ほど前には「APPLE」(明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ)立上げたり、女性の若年性パーキンソン病の会「弥生会」を設立したり、第1回JPC(日本パーキンソン病コングレス)実行委員総括、第2回JPC大会長を務めたりとエネルギッシュに活動されています。 今回のインタビューは前半と後半の2部構成になっています。

PDインタビュー · 9月 16日, 2020年
パーキンソン病100人インタビュー第5弾は、「パーキンソン病と付き合いながら薬科大学の学長として過ごした6年間」の著者、診断後13年目の北河先生です。 現在は兵庫県パーキンソン病友の会で活動されています。

PDインタビュー · 7月 15日, 2020年
パーキンソン病100人インタビュー第3弾は発症11年、診断後5年目のKeikoさんです。病気発症から診断まで長かったのは、パーキンソン病ではなく多統計萎縮症としてしばらく色々な病院をまわったためです。 Keikoさんは毎週ロックステディボクシンのクラスだけでなく、ヨガ・体操・卓球などで積極的に運動を取り入れています。彼女の経験や思いをシェアしてくれています。

PDインタビュー · 4月 30日, 2020年
臨時企画としてパーキンソン病とコロナ感染に関して、独立行政法人 国立病院機構 仙台西多賀病院 院長でパーキンソン病のガイドラインの監修も務められた パーキンソン病専門医 武田 篤 先生にご協力頂きました。コロナウィルスの影響で講演会がキャンセルされていたので、直接みなさんに声を届ける事が出来るのであればと、快くお受け下さいました。 本当に忙しい中でお時間を頂いたので、質問は3つだけにしました。 質問 1.パーキンソン病患者はコロナウィルス感染では重症化リスクがある? 2.コロナ感染時には今の薬は継続してもいい? 3.市販の解熱剤や感冒薬など飲み合わせで良くない薬はある? 15分ほどの動画ですので、是非最後までご覧いただければと思います。

PDインタビュー · 2月 05日, 2020年
パーキンソン病100人インタビュー第2回目はPD診断8年てっちゃんです。彼は毎週のロックステディボクシングだけではなく、体操や卓球など積極的に運動に参加されています。このインタビューでは彼の今までの気持ちや考え方などをシェアしてくれているので、是非参考にして下さい。

PDインタビュー · 8月 06日, 2019年
2019年京都で開催された世界パーキンソン病学会に参加されていて、色々話せてよかったと思えた人達。チリでパーキンソン病の為の運動プログラムNeuroBoxingを運営している理学療法士のパブロ、ロレナ、ミゲルの3人のコーチです。 彼らのホームページはここから。 https://www.facebook.com/nbp.chile/

PDインタビュー · 7月 30日, 2019年
パットのインタビュー第3弾。今回は職場でのPDカミングアウトやレスパイトケアについて話しています。

さらに表示する