· 

世界パーキンソン病卓球大会メダリストのユリさん(前半)

パーキンソン病と診断されて9年。2度の足の骨折を乗り越えて、昨年(2019年)10月に初めてニューヨークで開催された世界卓球大会に参加。ダブルスでは、金メダル。シングルでは惜しくも銀メダルを獲得された頑張り屋のユリさん。「パーキンソン病になったことは喜べないが、友の会の門を叩きそこには自分だけではなく仲間が居ることに気付いた。そのことがきっかけで、今では自分の人生を豊かにしてくれる日本中の仲間と知り合えたこと、行動範囲が広がったこと、そのことには感謝している」と話してくださいました。今はご自身の体験からパーキンソン病の方とご家族に向けて「生き生きと生活できるような活動を友の会と頑張りましょう」と全国パーキンソン病友の会千葉県支部会長として活動されています。