リハビリ

パーキンソン病において、L-dopaと言った薬物療法はとても効果的ですが、それと同時に自ら身体を動かすことも大きな効果を生みます。アメリカではパーキンソン病と診断されて、「薬」を処方されると同時に「リハビリ・運動」も処方されます。

 

ここで覚えていて欲しいのは「リハビリを行うのは病院内だけではないし、人にやってもらうものではない」です。少し意味が分からないかもしれませんが、リハビリと言う名前にこだわらずに、普段自分が出来ることをきちんとやっていく事が、すでに運動でありリハビリでもあります。そしてあなたの体はあなたが動かないと変わらないという事です。セラピストやコーチには指導をして頂き必要な人達ですが、あなたが動かないとそのアドバイスも意味をなくします。

 

パーキンソン病と診断され気持ちが落ち込んでしまうのは当たり前です。しかし覚えていて欲しいのは体が動かなくなると、運動量が極端に落ちエネルギーも減るので余計に動けなくなってしまう事です。

 

今の生活を維持するためにも身体を動かすことはとても重要です。

LSVT

LSVT LOUDと LSVT BIGを総合した呼び方です。

ちなみにLSVTは Lee Silveman Speech Therapyの頭文字をとったものです。

パーキンソン病のために考えられたリハビリプログラムでアメリカで始まりました。

 

プログラム内容は週4日を4週間、1セッションは1時間、1対1でのST,PTかOTでの内容となっています。

STと行うプログラムはLSVTラウドで発生から声の出し方、コミュニケーションのような内容です。

PT・OTと行うプログラムはLSVTビックで大きな動きなどで身体の事全般に行います。

 


LSVTビックとは。。。

身体を大きく動かす事で部分的な筋肉の刺激ではなく、脳の運動系全体を活性化するパーキンソン病の運動障害に対応するための運動プログラムです。

ここで言う運動障害とは動作の緩徐や運動機能低下、運動感覚の低下などを含みます。

 

日本では主にLSVTの治療は病院での4週間短期入院で行われます。4日間連続で運動し3日はお休み。一回のセッションは60分です。

 

2011年のMovement disorder reviewでも記載されていましたが、運動を軽度の段階から積極的に行うことで、進行をゆるやかにする事が出来るというデータも出ています

 


LSVTラウドとは?

 

声帯筋肉をトレーニングし、発声と飲み込む力を改善するプログラム。

 

パーキンソン病の特徴として、声がどんどん小さくなる、声の抑揚が無くなる、発音がこもる、また発声以外では、物を飲み込みにくい症状があります。ラウドのプログラムは意識的に大きな声を出す事で、声帯の筋肉を刺激します。発声や飲み込む力(嚥下機能)をトレーニングしていきます。

 

ここでは家でも出来る簡単なトレーニングを紹介します。

英語の解説ですが、エクササイズと何をしているかは直ぐに分かると思いますので日本語訳はつけていません。


アルゼンチンタンゴ

タンゴセラピーとしてパーキンソン病患者のリハビリにとても効果的なようです。2分ほどのビデオですので、音楽がかかる前と後で違いをご覧下さい。アルゼンチンタンゴのゆっくりとした動きと、リズムと共にパートナーが居る事も相手のガイドがある事で、身体がスムーズに動く手助けとなっているようです。

タンゴセラピーの代表的なメグ・モリス教授が、音楽はBasal Ganglia(大脳基底核)を通らない刺激になるため、リズムが身体を動かす手助けになっていると語っています。

 


ロックステデイボクシング(RSB)

ロックステデイボクシングは2006年にアメリカインディアナポリスで設立された、パーキンソン病(PD)の方々の為のボクシングセラピープログラムです。創設者スコット・ニューマン氏は40歳のときにパーキンソン病と診断されました。そこで、身体を動かすためにもと始めたボクシングがきっかけとなったボクシングセラピープログラムです。

その効果を口コミで知った人々が、是非プログラムを広めて欲しいとの声により現在アメリカ全土に470カ所。世界10カ国と素晴らしい広がりを見せています

 


太極拳

パーキンソン病の運動の一つとして太極拳も有名ですね。

アメリカでは太極拳はTai Chiと呼ばれています。なのでこの動画でも紹介されている言葉は

Tai Chi for PD」という感じで紹介されています。

PDの運動障害として動きが硬く小さくなってしまう事があります。なので、太極拳ではゆっくり大きく動く事にフォーカスしています。それにどの部位をどの様に動かすのかと意識をするのも大切ですね。

太極拳は日本でも多くの方が参加されています。身近に始める運動の一つではあります。


Dance for Parkinson's Disease

ダンスセラピーの1つで、ダンスフォーパーキンソン。

 

日本ではPDダンスとして、広く取り組まれていますよね。

椅子に座ったままでも安全に行え、好きな音楽と一緒に身体を思い切り大きく動かす。感情を顔で表現する事で、表情筋のトレーニングにもなりますよね。それ以外でも、長棒やタオル、ボールといった様々な道具なども利用しています。

 


どんどん情報を追加していきたいと思います