すくみ足を改善

どうして写真が雪と足?と思われた方、観察力が素晴らしいですね!!実はパーキンソン病におけるすくみ足は、英語では「Freezing of Gait (FOG)」として表現されます。

 

すくみ足は病気が進行すると共に約55%にもあたる人が経験しているとの報告があります。そこで、今回はすくみ足で困った時に出来る方法を紹介したいと思います。

 

先ず気にかけて欲しいのは、すくみ足の引き金になる状況を理解する。例えば、すくみ足が起こりやすい状況として①心配事・不安感が強い時、②色々考えながらしなくては行けない時、③急いだり・焦っている時、④疲れている時、⑤寝不足など体調が不安定な時、⑥環境が変わる時(広い→狭い、明るい→暗い、フローリング→カーペットなど) もちろん、それ以外でもすくみ足の引き金になるような事はあると思います。あなたにとって、何がきっかけになるのかを自己分析する事はとても大切です。

 

次にすくみ足が出た時に出来る行動です。ここでは4Sの方法を紹介します。S1: Stop(ストップ)どうにか歩こうとする行動はとりあえず止めてください。 S2: Stand(体を起こして立つ)一度姿勢しっかり起こしてから深呼吸をしましょう。S3: Shift(シフト)左右に体をゆらし重心移動を数回くりかえします。S4: Step(ステップ)一歩目を大きく出しましょう。1歩目が大きく出ることでその後の歩幅も大きく続きます。

 

このすくみ足を解除する方法がどうして大切なのかと言うと、動くことにフォーカスするからです。パーキンソン病はデュアルタスクと呼ばれる二つの事が同時に出来にくくなる問題があります。すくみ足が出ている時は考える事のほうがつい強くシグナルが出すぎて体を動かすシグナルが弱くなっているため、身体が動きにくくなってしまうのです。ですので、すくみ足が出たら一度気持ちを落ち着かせて、体を動かす事に注意をしっかり向けて動かし始めてみてください。

1.歩行器でのレイザー

歩行器の先端部分にレイザーを出すことで、踏み出す足の目標になり歩行がスムーズなりやすい。

2.杖でのレイザー

杖を着くとそれがスイッチになりレイザーが合わられます。

 


3.自立歩行でのレイザー

タップしてベルトのあたりからレイザーが出ます。

4.日本版レイザー

医療保険が適応になるかも。。。」


転倒予防・転倒対策

1. Active Protective

お尻エアーバック事、Active Protectiveとよばれる腰にベルトのように巻いたものが転倒する瞬間に車のエアーバックのように作動する。とても興味深いプロダクトがあります。

まだ一般販売はされてないようですが、今後がとても気になる会社さんです。実験段階のビデオが番組の中で取り上げられていたので、紹介します。6:55の辺りから動画を見ていただければ日本語の字幕はありませんが、映像からでも十分伝わると思いますので、是非ご覧下さい。

 

転倒にともなう骨折の影響から、寝たきりになるパターンは多数報告されています。転倒したとしても、骨折しなくても済むのであれば、それは心強いですよね。


2. Smart Cane Dring

次世代型の未来の杖とでも呼べそうな杖ですね、そしてなんと言ってもカッコイイ。この杖はDringと言われるフランスの杖メーカーが開発した杖です。

 

この杖にはAI機能として、アラートシステム、加速度計やジャイロスコープなどのモーションセンサーが備わっています。そのため、所有者の行動パターンや癖などを記録します。所有者が転倒した場合は自動で家族の携帯に連絡が入ります。もちろんこの杖にはGPS機能による位置情報も備わっています。

創業者のGauchardさんは、「転ぶ不安から家に引きこもり、友達に会うために外出する事が減ることで、負のスパイラルが生まれる。その悪循環になるパターンをこの杖で断ち切りたい。」そんな重いからこのSmart Caneの開発に取り組まれました。このカッコイイ杖で外出出来るようになる高齢者が増えると嬉しいですね!

日本にも2018年末頃取り扱い予定となっていますが。。。早く実現するといいな~と思います。

Dringへのリンクはここをクリック!

 

睡眠問題

1. スマート枕 Zeeq

スマート機能付きの枕Zeeq(ジーク)は、スマホアプリに連動し内蔵スピーカーによる音楽、いびきモニター、睡眠分析機能を搭載したスマートピロー。

スピーカー内蔵でヘッドフォンが不要。パートナーの邪魔をすることなくワイヤレスで音楽をプレイ。好きな音楽でリラックスし安眠のお手伝い。スリープタイマーをセットし音楽を自動的にストップ。いびきを感知するとバイブレーションで睡眠ポジションを変更するようお知らせ。睡眠中の動きはすべて記録され、自身の睡眠サイクルに合った理想的な目覚めを実現。ZEEQは、スマホアプリにリンクし、睡眠データ、いびきスコアを確認可能。3軸ジャイロスコープが睡眠中の体の動きをモニタリング。ソフトバイブレーションでパートナーを起こすことなく快適な目覚めを実現。メモリーフォームの枕なので、柔らかく優しく頭に快適にフィット。

詳しくはこちらのリンクをクリック

 

なんだか素敵な枕ですね!枕で睡眠の質が変われば日常のダルさも少しは解消するかな?!睡眠障害の方が多いので、今後も少しでも役に立つ情報を発信していければと思います。