脳深部刺激療法

病的な脳活動を電気で調整

→ 視床下核や淡蒼球の電気刺激

 

細胞移植

パーキンソン病のより根本的な治療のためには細胞補充療法が必要。

長期の薬服用により、L-dopaからのドーパミン作成を脳細胞が出来なくなり、ドーパミンを作る細胞が足りなくなる。

なので、細胞移植によってドーパミンを作れる細胞を移植、薬がドーパミンになるのを助ける、そして新しい神経回路をつくる。

1)胎児細胞移植

2)ES,iPS細胞移植

 

1)胎児細胞移植

スウェーデンやアメリカ、カナダで1980年から400例以上の実績がある。

日本ではこの治療は行われていません。

 

2)ES,iPS細胞移植

幹細胞(ES,iPS細胞)を利用し必要な若いドーパミン神経細胞を作る。