薬物療法

薬物療法は、パーキンソン病症状に応じて複数の薬を組み合わせて服用する事です。

ご存じの通り、PDはドーパミンが減少する事でおこる問題ですよね。それであれば、ドーパミンの薬を取ればいいじゃないか?!と思われた方、そうなんで。理想はそう出来たら良いのですが、残念ながらドーパミンを直接飲んでも脳に届かない。物質が大きいため脳の血管を通れない。

そこで開発されたのが、ドーパミンを脳内で作る事が出来るL-dopa(エルドーパ)という薬。

 

L-dopaを取ることで劇的に動きが良くなります。とても効果的な薬ですが一つ問題が出てくるとするならば、長期服用での副作用により身体が勝手に動く「ジスキネジア」が出てくるようになります。そこを解決する為に他の薬と飲み合わせたりすることで、なるべくL-dopaの副作用を軽減する努力をしている薬、ドーパミン受容体刺激薬が有効になってきます。その薬はドーパミンそのものに変わるわけではなく、脳の中でドーパミンと同じ働きをする薬です。

 

 症状に合わせて、この2つを組み合わせたり、単独で利用したりと変えています。

 

 

飲み薬以外でも、自分で注射するタイプ貼り薬も登場しています。

状態に合わせて使用する事で、効果をより長くコントロールする事が出来るようになっています。

薬のタイプ

内服薬の説明

日本で主に使われている薬をグループ分けし、簡単に説明しています。もちろん、詳しい事や相談は主治医の先生とお願いします。


その他の薬の説明

日本で主に使われている内服薬以外での、パーキンソン病に関する薬の説明を行っています。